スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



絶妙なチョコレートとの出会い

2008/02/13 01:33
月曜日に友人と三ノ宮に出かけてきました。

その日はミント神戸で「チーム・バチスタの栄光」を見ようと、まず券を購入しました。

3時半からの分を見る予定だったけど、さすが阿部寛。

すでにお客さんでいっぱいで一番前の席しか空いてなかった。

なので6時10分からの分にしました。

時間が余ってしまったので、そごうの9階にあるチョコレートフェアに。

試食しまくりました。



ウマー!!



私たち二人が衝撃を受けて同時に声を上げたチョコ。

それは「宇治園」の生チョコの抹茶(小佳女)とほうじ茶(ひょっとこ)。

この深い味わいが創業明治2年の歴史を物語っとります。

これはうまい。

まじで。

相方はお父さんにこの二つをクール便で送ることに決めたらしい。



あと、フロム・イタリア「BABBI」のジェラートを食べた。

めちゃ高いけどめちゃウマー。


このあと友人と一旦分かれてお互いのチョコ購入し、交換しました。

南京町近くのスタバに行ってコーヒー飲みながらさっきのチョコを食べた。

友人にはサットンイーストの生チョコをあげた。
こういうシンプルな石畳チョコが好き。

交換してもらったチョコは、ビアンクールの「キャッツギャラリー」。

どっちもうまい!!

堪能した後、やっと映画を見に行った。

途中、籠物の店に入って物色した。
籠製のトランクを見つけて、これ山田やんとか言いながら時間をつぶした。
¥3600くらいだったかな。
ちょっと欲しい。
後ろ髪を引かれながらも映画館に持ち込めねぇなと思ってあきらめた。


映画館で思わぬ人物と出くわしてびびった。

でも阿部寛見てそんなんふっとんだ。

おもしろかった。

ここでもやはり彼は自分に自信のある役だった。

てか上田じゃん。


晩ご飯は友人お勧めの沖縄料理屋に行った。

「金魚」というお店。

なんだか無性に懐かしい気がした。

豚キムチちゃんぷるウマー!

ここは店員さんの笑顔がすばらしくて気持ちよく食事できた。

あと、カクテルが充実してて良かった。


沖縄料理屋もなんかひっかかるな…ハッ!トリックか!!

とか勝手に思いながらうみぶどうを味わった。


満足満足、大満足の一日でした。
スポンサーサイト



← とても忙しい一週間でした。 | Home | 自分のバイト先で食べてきた。 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。