スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



バイト夜話5

2008/03/16 00:16
久しぶりの日記で放置状態から抜け出します。

最近新たなバイト君(男)が入りました。

なななんと17歳だそうな。

若ーい。

うらやましくないさ。だって自分まだ二十歳だもんね。





……うそです。やっぱり若いのうらやましいや。

この子は動きがとろいけど、特訓次第でなんとか成長させれそうです。

自分も人のこと言えないのでがんばろう。

鉄コ(ryのように勝手にキレて勝手に辞めるようなことがないように願います。







□■追記■□
マンボウ。

いかにもかわいらしいネーミング。

あの愛らしいフォルム。

ここで問いたい。

誰がこれを食いたいと思うのか。



先日、バイト先でマンボウの肉塊を目にした。

どう見てもグロイ。

店長が腸を洗ってたんだけど、人間の腸って言われてもわかんないぐらいでかくて白かった。

しかも臭い。

店長が嘔吐(えず)きながら作業してる傍で、私は奥さんから差し入れの、栗ののったパンケーキを頂いていた。

で、ハラワタを洗い終えた店長が調理場に運びこんだのは、4等分ぐらいになったマンボウだった。

ペーパーマリオを切ったら断面はこんなんになるんだろうな、と思いつつ観察していた。

でも、モノ食ってるんでできればモザイクをかけてほしかった。






■□追記2□■
4月14日にバイト先の女同士4人で一緒に晩御飯を食べることになった。

駅前店のほうで食べるようだ。

どうやらいよいよ辞めにくい立場になってしまったようだ。

ま、こういう縁は切らないでおいて正解だろう。

酒飲んで調子のらないようにしないと。
スポンサーサイト



← どう見てもネコバスです。 | Home | またしても病欠。 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。